刺身を食べるときのマナー

MENU

刺身を食べるときのマナー

私たち日本人は昔から魚を生で食べることに親しんできました。
そうした料理の筆頭といえばお刺身ですよね。

 

お刺身はほとんどの居酒屋にも用意されていますから、飲み会や接待などで食べる機会も多く存在します。
お刺身に慣れ親しんでいるとはいっても、その食べ方について正しいマナーを知っている人はどれくらいいるでしょうか?

 

今回は、居酒屋でお刺身を食べるときに恥ずかしい思いをしないためのマナーや作法について見ていきましょう。
お刺身は基本的に醤油をつけていただくのが一般的です。

 

このとき、小皿が無いからといって直接お刺身に醤油をかけることはマナー違反ということをご存知でしたか?
醤油の盛り合わせを全員で分ける際には、必ず店員にお皿を持ってきてもらいましょう。
醤油をベタベタとつけてしまうと、お口に運ぶ際に醤油が垂れてしまうことがあります。

 

見た目にも美しくありませんし、醤油が洋服に付くと非常に落ちにくいので付け過ぎには注意してください。
お刺身のお供といえば、ワサビも忘れてはいけません。

 

よく見かけるのが、ワサビを醤油の小皿に溶かしてから刺身に付けるという光景です。
皆さんも自然にこういった振る舞いをしているかもしれませんが、これはマナーとして正しくないのです。

 

なぜかというと、醤油にワサビを溶かしてしまうとワサビ本来の風味や香りが失われてしまうからです。
時間が経つごとにワサビの辛みだけが強調されてしまい、お刺身を美味しくいただくことが出来ないのは勿体ないことですよね。
これを防止するには、お刺身に少量だけワサビを乗せて、その後に醤油を小皿へ運びましょう。

 

和食や海鮮が美味しい居酒屋なら蓮‐REN‐ 栄店がおすすめです。