焼き魚を食べるときのマナー

MENU

焼き魚を食べるときのマナー

最近では、定食を提供する居酒屋が増えてきました。
単なるおつまみだけではなく、栄養バランスを考慮された定食は仕事帰りのサラリーマンや学生からも支持されています。

 

そんな定食の定番メニューといえば焼き魚です。
焼き魚はおつまみとしても提供されることがありますが、皆さんは正しい食べ方を習得しているでしょうか?
友人や上司と居酒屋に来たけれど、綺麗に食べられないから注文するのを遠慮している。

 

そんな方も少なくないことでしょう。
今回は、飲み会や接待で焼き魚を食べることになっても焦ることのないように、綺麗な食べ方を解説していきます。
焼き魚を食べる際の原則は、ある程度食べては骨を抜き出すという作業を繰り返すことです。

 

目についた部分から身を掘り返す様子は美しくありません。
食べる部位と骨を抜く順番をきちんと覚えておきましょう。
ただし食べ方の最初の手順は、背骨から頭にかけて箸で切り込みを入れていくことです。

 

そこから頭の後ろに位置する上身部分を尻尾に向かって食べていきましょう。
上身は骨があまり付着していませんから、軽く切り込みを入れておけば簡単に食べ進めることが出来ます。

 

上身を食べ進めると、背骨の上半分が見えてきます。
見えている背骨とその向こう側の身の間に箸を入れて、頭から尻尾の方向に向かって箸を動かしていきます。

 

こうすると、頭から背骨、しっぽが全て繋がった状態で身から外すことが出来るのです。
外しおいた骨はお皿の奥に置き、身を食べ進めていくというのが最も簡単で美しい焼き魚の食べ方です。
最初は難しいかもしれませんが、慣れていくまで練習を重ねましょう。

 

最近良く行く魚が美味しい居酒屋といえば桜木町 居酒屋のこちら